失業認定日 遅刻や時間より早く着いた場合は失業認定されないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、失業認定日の決められた時間に遅刻してしまった場合や、早く着いてしまった場合どうなるのかを書いています。ハローワーク職員さんに直接確認した情報ですので、雇用保険(失業保険)受給中の方は参考にどうぞ!

これまでのハローワーク(失業保険関連)の記事一覧はこちら

失業認定日に遅刻するとどうなる?

「失業認定申告書」左下に記載されている日時

失業保険(雇用保険)の受給期間中は、28日(4週間)毎にやってくる失業認定日ですが、日付が決まっているのはもちろん、時間帯も細かく指定されています。

上記画像は私の「失業認定申告書」ですが、次回の認定日は12月18日で、9:15~9:30までの間にハローワークへ来所するように指定されています。

ここでは、この指定された時間にハローワークへ来所出来なかった場合(遅刻した場合)どうなるかを書いていきます!

書いていきます!と言いましたが、
答えは簡単で、決まった時間に遅刻をしても”特に何も起こりません”(笑)

認定が受けられないということもありませんし、もちろん失業保険(雇用保険)の振込が遅れる(減額される)ようなこともありませんので、ご安心下さい。

認定が受けられないのは【指定された日にハローワークに行かなかった時(欠席時)】だけです。

失業認定日に遅刻した時は理由を聞かれるの?

遅刻をしても大丈夫と言われても、「根掘り葉掘り遅刻の理由を尋ねられるんじゃないの?」と思うのが普通ですよね。

私の通っているハローワークでは特になにも聞かれませんでしたが、遅刻の理由を尋ねられるかどうかはハローワークの職員さんによって変わってくるようです。

しかし、ハローワークの職員さんが言うには、遅刻してもペナルティを受けることはないですので、寝坊なら「寝坊です。」渋滞に巻き込まれたなら「渋滞に巻き込まれました。」と正直に理由を言えば、大丈夫とのことです。

時間外認定のハンコを押された?

雇用保険受給資格者証に「時間外認定」という赤いハンコを押されることもあるようです。

私の通っているハローワークではこのハンコは押さないようですが、押されたからと言ってペナルティがあるということはないようです。

おそらく、「時間外認定」のハンコを毎回押されていると”遅刻理由を尋ねられる確率があがる”とかそんなところでしょう。

ハローワークは場所によって細かい対応が異なることが本当に多いです。



失業認定日に遅刻した時、電話連絡は必要?

社会人としては遅刻してしまった場合、まずは電話連絡が基本のように思いますが、ハローワークにも一本電話を入れたほうが良いのでしょうか

私の通っているハローワークでの回答は、「特に電話連絡は不要」とのことでした。

他にも失業認定日に遅刻した時の記事を書いている人が何名かいましたが、皆さん「電話連絡は不要である」と言われているようです。

認定日当日のハローワークの営業時間内であれば、遅刻しても失業認定を受けられるというのは全国共通のようですので、電話連絡は不要と考えて問題なさそうです。

電話代もかかりますし。

失業認定日に指定された時間より早く着いた場合はどうなる?

ここまでは遅刻した場合のことを書いてきましたが、ここからは失業認定日に指定された時間より早く着いてしまった場合どうなるかを書いていきます。

まぁここまでで大方予想はついているかと思いますが、早く着いた場合も”特になにも起こりません”。(笑)

早く到着した場合も、通常通り「失業認定申告書」と「雇用保険受給資格者証」を提出すれば、何事もなかったかのように書類の確認が始まり、名前をフルネームで呼ばれた後「新しい失業認定申告書」と「雇用保険受給資格者証」を渡されて認定日が無事終了します。*書類に不備がある場合は別です。

じゃあ、なんで日付だけじゃなくて時間まで決めてるの?

ここまでの内容をみて、
遅刻しても早く着いてもいいなら、わざわざ時間決めてんじゃねぇYO!」と思う方が多いことでしょう。

私もそう思います。
ですので、ハローワーク職員さんに「なんで時間を決めてんだYO!」と皆さんの代わりに私が聞いてきました。

すると、ハローワーク職員さんは「そんなこと聞くもんじゃないですよ。。」という顔で教えて下さいました。

以下が、その理由です。

ハローワーク職員さんが教えてくれた来所時間まで決めている理由

ハローワーク職員さんが説明してくれた、失業認定日の来所時間を決めている理由をまとめました。

  1. 「事務処理効率」・・・無職が毎日いっぱいくるから、まとめて効率よく捌きたい!
  2. 「仕事してる人を炙り出す」・・・無職ならいつでも来れるよね?無職なのに認定日より大事な用事があるの?

というのが、主な理由とのことです。

こんなにストレートな説明ではなかったですが、想像通りの理由でした。

このことから、遅刻しまくると「仕事してるんじゃ・・・。」と疑われる可能性が考えられますので、わざと遅刻するのはヤメたほうが良さげです。

失業認定日は決められた時間にいかないほうが、スムーズに認定してもらえるのか?

決められた時間通りに行くと同じ時間の人が沢山きて混み合うので、時間をずらしていけば自分だけスムーズに失業認定してもらえるのでは?

これは誰しもが考えつくことですが、ハローワーク職員さんが言うには「時間をずらしても15分毎に他の時間帯のグループの方が来られますので、あまり意味はない」とのことでした。

ただ、ハローワークの営業開始時間と同時にいけば、先には誰もいないわけですから、スムーズに認定して貰える可能性は高いです。

失業認定日 遅刻/早く着いた場合 まとめ

  • 失業認定日は遅刻しても、早く着いても問題なく失業認定して貰える。
  • 失業認定が受けられないのは、指定日にハローワークに行かなかった時(欠席時)。
  • 「時間外認定」のハンコを押されても特にペナルティなどはない。

認定日に遅刻したからといって、諦めてハローワークにいかないのは絶対にやめましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 
  

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*