Cloudflare 無料SSL証明書の有効期限 まとめ

Cloudflare 無料SSL証明書 有効期限 Cloudflare(クラウドフレア)
この記事は約3分で読めます。

この記事では『Cloudflare(クラウドフレア)』の無料SSL証明書の有効期限について書いています。

Cloudflareでは無料プランでも簡単にサイトをSSL化することができますが「SSL証明書の有効期限はどのくらいなのか?」や「更新は必要なのか?」をまとめました。

スポンサーリンク

Cloudflare 無料SSL証明書の有効期限

Cloudflareの無料SSL証明書の有効期限は1年間です。

基本的には1年間有効ですが、認証局が「Let’s Encrypt」となった場合、3ヶ月の有効期限となることも確認しています。
私

今回は「Let’s Encrypt」でSSL化していた2つのサイトを高速化するためにCloudflareを利用したのですが、認証局が「Let’s Encrypt」と「Cloudflare」にそれぞれ分かれました。

サイトに適用されている無料SSL証明書の有効期限を確認

自分のサイトに適用されている無料SSL証明書の有効期限は下記の2つの方法で確認できます。

ブラウザ上で確認する

下記は「Google Chrome」での確認方法です。
ブラウザ上での確認方法
  1. 無料SSL証明書の有効期限を確認したいサイトにアクセスし、URLの横に表示されている南京錠マークをクリックします。
  2. 「この接続は保護されています」という文字をクリックします。
  3. 「証明書は有効です」という文字をクリックします。
  4. 証明書の情報が表示されますので、一番下に表示されている【有効期間】を確認します。

Cloudflareにログインして確認する

  1. Cloudflareにログインし「SSL/TLS」をクリックします。
  2. すぐ下に表示されている「エッジ証明書」をクリックします。
  3. ドメイン名が表示されている列にある【次の日付に有効期限切れ】を確認します。
スポンサーリンク

SSL証明書の更新は必要?

Cloudflareの無料SSL証明書は自動更新ですので、更新作業は必要ありません

以下にリストされているパックの証明書は、Cloudflare によって管理および自動更新されます。(Cloudflareダッシュボード→SSL/TLS→エッジ証明書→Universal 証明書のレビュー に記載されている文言)

ロボ
ロボ

DNSのTXTレコードを利用したドメイン所有者の認証で自動更新します。

スポンサーリンク

Cloudflare 無料SSL証明書の有効期限 まとめ

今回は「Cloudflareの無料SSL証明書の有効期限」を紹介しました。下記は抑えておきたいポイントのまとめです。

まとめ
  1. Cloudflareの無料SSL証明書の*有効期限は1年間。
    *認証局が「Let’s Encrypt」となった場合は3ヶ月間。
  2. 無料SSL証明書は自動更新なので、更新作業は不要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました