最強の無料テーマCocoonを更に強化するおすすめプラグイン17選

WordPress
この記事は約13分で読めます。

みなさんはWordPress最強の無料テーマと名高い『Cocoon』をご存知でしょうか?

内部SEO施策やサイトの高速化、手軽に収益化できる仕組みなど、有料テーマと比べても遜色ない機能が搭載されている素晴らしいテーマなのですが、

考える人
考える人

プラグインで更に性能を強化することはできないのだろうか?

と考える人も多いのではないでしょうか?

実は『Cocoon』にも追加した方が良い機能があり、この記事でご紹介しているプラグインを追加することで更に良いテーマにすることができるのです。

Cocoonの公式サイトでも「あわせて使用するのにおすすめなプラグイン」を導入することで、Cocoonの機能を補完できると紹介されています。

この記事ではCocoonの公式サイトで紹介されているものを参考に「当サイトで実際に導入したプラグイン」や「導入することで得られる効果」などをご紹介していきます。

記事を読み終えると、Cocoonテーマに導入すべきプラグインと導入する意味が明確になり、これまでよりテーマを使いこなすことができるようになります。

この記事とは反対に『Cocoonで不要なプラグイン』をお知りになりたい方は、下記記事が参考になります。

XeoryBaseからCocoon テーマ移行時に不要となったプラグイン一覧
今回は『Cocoon』へのテーマ移行を考えている方向けに、私が約3年間使用していた『XeoryBase』から『Cocoon』にテーマを移行した時に削除したプラグインを全てまとめてみました。 主に『Cocoon』テーマのデフォルト機能と重複しているプラグインをご紹介していますので、『XeoryBase』以外のテーマから移行する方も参考になるかと思います。
スポンサーリンク

Cocoonを更に強化するおすすめプラグイン17選

早速ですが『Cocoon』を更に強化するのにおすすめなプラグインをジャンル別に1つずつご紹介していきます。

この記事では計17個のプラグインをご紹介していますが、サイト環境によっては不要なものや、機能が重複しているものもありますので、導入前にプラグインの説明をよくお読み頂き、必要なものだけをインストールしていただきますようにお願い致します。

セキュリティーを強化するプラグイン

ここでご紹介しているのは、サイトのセキュリティーを強化してくれるプラグインです。

私

せっかく育てたサイトが乗っ取られることがないように、事前にセキュリティー対策を徹底しておきましょう!

Akismet Anti-Spam

Akismet Anti-Spam
Akismet はコメントをチェックし、迷惑なコンテンツからあなたとサイトを守るために、グローバルなスパムデータベースに対して問合せフォームに連絡します。

スパムコメントをある程度自動除去してくれるプラグインです。

Automattic社というワードプレスの開発元の一部が開発した公式プラグインで、元々WordPressにインストールされています。

当サイトのように「コメント欄」や「お問い合わせフォーム」を設けているサイトでは、必須プラグインと言えるでしょう。

有効化するには「wordpress.com」とログイン連携をする必要があります。

私

有料版と無料版がありますが、個人であれば無料で利用できます。

Edit Author Slug

Edit Author Slug
Allows an admin (or capable user) to edit the author slug of a user, and change the author base.

投稿者アーカイブのURLを変更することで、ログインユーザー名を攻撃者に知られるのを防止するプラグインです。

WordPressはデフォルトの状態だと「https:/〇〇〇〇//?author=1」にアクセスすることで、投稿者アーカイブに「Author Slug(ログインユーザー名)」の値が表示されます。

この「Author Slug」はWordPressにログインするのに必要な情報の1つである為、知られてしまうと不正アクセスの標的となりやすいです。

WordPressログイン画面

WordPressログイン画面

『Edit Author Slug』を使えば「Author Slug」の値や、投稿者アーカイブの中で使われている「/author/」の値を変更すること(隠すこと)ができるようになります。

Google Authenticator

Google Authenticator
Google Authenticator for your WordPress blog.

WordPressのログイン画面に2段階認証を導入することができるプラグインです。

プラグインを導入するとログイン時に「ユーザー名(メールアドレス)」と「パスワード」に加えて「6桁の暗証番号」が必要となり、不正ログインを防ぐことができます。

Google Authenticator 認証コード入力画面

『Google Authenticator』認証コード入力画面

Google製の専用アプリをインストールすれば、スマートフォンでもログインに必要な認証コードを確認できます。

SiteGuard WP Plugin

SiteGuard WP Plugin
SiteGuard WP Plugin は、管理ページとログインへの攻撃からの保護に特化したプラグインです。

ログインページに「画像認証」を追加したり「ログインページのURLを変更」することでサイトのセキュリティーを強化できるプラグインです。

SiteGuard WP Pluginログインページの画像認証入力画面

『SiteGuard WP Plugin』ログインページの画像認証入力画面

先程ご紹介した『Google Authenticator』と合わせて利用すれば、不正ログインへの対策はかなり強化されたと言えるでしょう。

不正ログイン対策後のWordPressログイン画面

不正ログイン対策後のWordPressログイン画面

毛玉
毛玉

最初は「ユーザー名」と「パスワード」だけでログイン出来ていた画面に「画像認証」と「2段階認証」が追加されたにゃ!

Wordfence Security

Wordfence Security – Firewall & Malware Scan
あなたのWebサイトを、ファイアウォール、ウイルススキャン、IPブロック、ライブトラフィック、ログインの安全性の確保、等の機能を含んだ、最も包括的な WordPress のセキュリティプラグインで、安全にしましょう。

ファイヤーウォール&マルウェアスキャナーを搭載したプラグインです。

300万件以上のダウンロードを誇り、インストールし有効化しておくだけでもサイトのセキュリティーを強化してくれます。

SEO対策に役立つプラグイン

ほぼ完璧な内部SEO施策が行われている『Cocoon』ですが、ここでご紹介しているプラグインを導入することでより強化されます。

Aurora Heatmap

Aurora Heatmap
オーロラのように美しい、プラグインだけで完成できるシンプルなWordPressヒートマップ。

ヒートマップツールがインストールするだけで使えるようになるプラグインです。

ヒートマップツールは「サイト内で多くクリックされている場所」や「どこでユーザーが離脱したか」などをひと目でわかるようにしてくれるものです。

『たにあど』個人事業主向け記事のヒートマップ

『たにあど』個人事業主向け記事のヒートマップ

クリックヒートマップ

上画像は『個人事業主向けに書いた記事のヒートマップ』です。

画像を見てみると『個人事業主向け記事』というカテゴリーのところが「緑色」になっており、よくクリックされていることがわかります。

毛玉
毛玉

広告バナーのところが真っ赤に染まるサイトが作りたいにゃ!

自サイトでどのような場所がよくクリックされているのかを分析できれば「効率の良い広告の配置」や「回遊率を上げる方法」なども見つけることができ、結果SEO対策に繋がることでしょう。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps
This plugin will improve SEO by helping search enginess better index your site using sitemaps.

記事の更新・公開の度にサイトマップの生成や検索エンジンへの通知を自動で行ってくれるプラグインです。

クローラーに回遊を促すことで、少しでも早くインデックスされることが期待できます。

ある程度育っているサイトではあまり効果が実感できない可能性が高いですが、作成して間もないサイトであれば導入しておいたほうが良いと思います。

ページキャッシュプラグイン

こちらでは『Cocoon』に備わっていない【ページキャッシュ】を使えるようにするプラグインをご紹介しています。

ブラウザキャッシュ】については「Cocoon設定」→「高速化」→「ブラウザキャッシュの有効化」にチェック→「変更を保存」をクリックで設定可能です。

私

プラグインをご紹介する前に【キャッシュ】について少し解説します。

毛玉
毛玉

キャッシュよりフィッシュ!

キャッシュ

一度利用したデータなどを、その後また使う時の為に素早くアクセスできる形で一時的に保管しておく仕組みのことです。

この仕組みのおかげで一度利用したページは次回以降すぐに表示され、サイトの高速化に繋がります。

ブラウザキャッシュ

Cocoonの機能だけで有効化できるキャッシュです。

キャッシュをユーザー端末(ブラウザ)に保存する仕組みで、一度表示した画像やCSSファイル、JavaScriptファイルが他のページでも使われている場合、サーバーからではなくハードディスクなどに保存[キャッシュ]したデータを読み込むことで高速化します。

このハードディスクなどにあるデータは、みなさんが使用しているWEBブラウザ(Chrome・Safari等)が自動的に保存したものです。

キャッシュがサーバーではなくユーザー端末に保管されているため、サイトが更新されていてもユーザーが保持しているキャッシュが優先的に表示され、新しい内容が表示されないことなどがあります。

この場合はユーザーにブラウザキャッシュを削除してもらう必要があります。

ページキャッシュ

Cocoonの標準機能では利用できないキャッシュです。

ディスク上のデータをページ単位で一時的に保存するために使用されるもので、ファイルの読み書きの高速化に使用されます。

私

キャッシュ(cache)は、フランス語のcaché(隠された)が語源で「隠し場所」というような意味があるそうです。

LiteSpeed Cache

LiteSpeed Cache
All-in-one unbeatable acceleration & PageSpeed improvement: caching, image/CSS/JS optimization...

こちらは『LiteSpeedに対応しているレンタルサーバー』で利用できるキャッシュプラグインです。

使用できるサイトは限定されますが高性能で、体感できるレベルでサイトの表示速度を上げてくれます。

LiteSpeedに対応しているおすすめのレンタルサーバー』は下記記事にまとめています。

LiteSpeedに対応しているおすすめのレンタルサーバー6選
この記事ではSEO対策にも直結する『高速化』に力を入れているレンタルサーバーをご紹介しています。 今回は、次世代の超高速WEBサーバーソフトウェア【LiteSpeed】に対応しているレンタルサーバー会社の中で、特におすすめのものをまとめてみました。
『LiteSpeed』はWEBサーバーソフトウェアの一種で、Apache、IIS、nginxなど従来のものよりも軽量、高速で動作すると言われています。

WP Fastest Cache

WP Fastest Cache
最もシンプルで速いWP キャッシュシステム

『LiteSpeed Cache』プラグインに対応していない、Apacheサーバーを利用している場合におすすめできるキャッシュプラグインです。

「モバイルキャッシュ」が有料という弱点はありますが、Cocoonテーマはパソコンとモバイルのソースコードが変わらないレスポンシブデザインを採用していますので、完全無料で利用することができます。

画像圧縮やサイズの最適化をするプラグイン

ここでご紹介しているのは、サイトの表示速度に直結する画像の圧縮・最適化をしてくれるプラグインです。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer
Speed up your website to better connect with your visitors. Properly compress and size/scale images. Includes lazy load and WebP convert.

ロスレス圧縮で「画像ファイル容量の軽量化」と「ページ表示する上での最適化」を行うプラグインです。

無料版ではそこそこの圧縮率となりますが、導入しておいて損はないです。

Regenerate Thumbnails

Regenerate Thumbnails
Regenerate the thumbnails for one or more of your image uploads. Useful when changing their sizes or your theme.

サイトにある画像をテーマの設定に合わせて一括でリサイズ・再生成するプラグインです。

WordPressのテーマ変更時に利用することで、サムネイル画像などのサイズを一括して最適化できます。

サイトの管理運営を助けてくれるプラグイン

こちらでご紹介しているプラグインを導入することで、サイトの管理運営が快適になります。

Broken Link Checker

Broken Link Checker
このプラグインは、投稿 / コメント / その他のコンテンツについて、リンクエラーと無くなった画像をチェックし、見つかったら通知します。

自サイトからの外部サイトへのリンク切れを教えてくれるシンプルなプラグインです。

誤検知も多いですが、アフィリエイトリンクなどはリンク切れをすぐに発見することがとても重要ですので、導入しておいたほうが良いでしょう。

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Order
Order Categories and all custom taxonomies terms (hierarchically) and child terms using a Drag and Drop Sortable javascript capability.

カテゴリーの表示順を自由に並び替えることができるプラグインです。

特に見てもらいたいカテゴリーを上部に持ってくることで、なにに力を入れているサイトかをわかりやすくすることも可能です。

WordPressのデフォルト機能にないのが不思議なぐらい便利な機能ですので、ぜひ導入しておきましょう。

Contact Form 7

Contact Form 7
お問い合わせフォームプラグイン。シンプル、でも柔軟。

お問い合わせフォームを簡単に作成することが出来るプラグインです。

定番中の定番ですが、サイト環境によってはうまくメールが届かないこともあります。

そんな時は次にご紹介する『WP Mail SMTP』で解決しましょう。

WP Mail SMTP

WP Mail SMTP by WPForms
The most popular WordPress SMTP and PHP Mailer plugin. Trusted by over 1 million sites.

指定したSMTPサーバーを使ってメールを送信できるようにするプラグインです。

『Contact Form 7』を使ってお問い合わせフォームを作成する時に、メールの送信先を指定するのに使用しています。

WordPressが動作しているサイトのドメインを使ったメールアドレス宛てにしか送信できない環境であっても、外部のメールアドレス(Gmailなど)宛てにメールを送信することができるようになり、『Contact Form 7』を使って作成したお問い合わせフォームからのメールが届かない問題も解消してくれます。

プラグインの設定方法などは、下記記事に詳しくまとめています。

WP Mail SMTPでContact Form 7のメールが届かない問題を解消する
当記事では『WP Mail SMTP』を使って『Contact Form 7』で作成したお問い合わせフォームからのメールが届かない問題を解消する方法を画像付きでわかりやすくご説明しています。

UpdraftPlus

UpdraftPlus WordPress Backup Plugin
バックアップと復元を簡単に。手動または自動予約 (Dropbox、S3、Google ドライブ、Rackspace、FTP、SFTP、メール、その他) による完全なバックアップ。

WordPressサイト全体のバックアップを、初期設定後は自動で作成してくれるプラグインです。

数あるバックアップ系プラグインの中でも復元までの使い方がわかりやすく、多くの方に利用されている人気プラグインです。

毛玉
毛玉

他のプラグインは「復元の方法」が初心者には難しいんだにゃ!

WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch
WordPress 日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張。

WordPress日本語版パッケージのためのマルチバイト機能の拡張をしてくれるプラグインです。

インストールしておくことで『文字化け』を防ぐことができるようになります。

日本語サイトでは必須プラグインと言えるでしょう。

スポンサーリンク

Cocoonおすすめプラグインまとめ

Cocoonは利用者のことを考え抜いて作られた優秀な無料テーマですが、今回ご紹介したプラグインを導入することで更に利用しやすくなります。

反対に機能が重複するプラグインを導入してしまうと、サイトの表示速度が低下したり、最悪の場合サイトが表示されなくなることもあります。

プラグインはとても便利なものですが、内容をしっかり把握してから利用しないと重大なエラーを引き起こすこともありますので、インストールする前に「本当に必要か?」「安全性は問題ないか?」などをよく調べてから利用することをオススメ致します。

私

私も最初の頃は紹介されているプラグインをガンガン導入して、よくサイトを真っ白にしていました…。

毛玉
毛玉

あれは「にゃ!」とか言ってられないぐらいマジで焦るよな…。

この記事とは反対に『Cocoonで不要なプラグイン』をお知りになりたい方は、下記記事が参考になります。

XeoryBaseからCocoon テーマ移行時に不要となったプラグイン一覧
今回は『Cocoon』へのテーマ移行を考えている方向けに、私が約3年間使用していた『XeoryBase』から『Cocoon』にテーマを移行した時に削除したプラグインを全てまとめてみました。 主に『Cocoon』テーマのデフォルト機能と重複しているプラグインをご紹介していますので、『XeoryBase』以外のテーマから移行する方も参考になるかと思います。
WordPress
スポンサーリンク
たにぽよをフォローする
たにぽよ

当サイトの運営者。
30超えてからいつもしんどい。

・32歳男
・大阪府出身→沖縄県在住
・個人事業主(アフィリエイト&クラウドワーク)

『趣味』
・オンライン麻雀(天鳳)
・格闘技観戦(プロレス・大相撲・ボクシング)

このサイトの他
沖縄巡り.com(沖縄の芸能人・観光・グルメ情報まとめサイト)』
天鳳マニアクラブ(オンライン麻雀ファンサイト)』
などを運営中。

たにぽよをフォローする
たにあど

コメント

おすすめサーバーランキング

アフィリエイター&ブロガー満足度No.1!

・日本で唯一の”LiteSpeed公式パートナー”
・元アフィリエイターが立ち上げたレンタルサーバー
・最高レベルのサイト表示速度
・無料独自SSL証明書対応
・復元無料の自動バックアップ機能
・WordPressクイックスタート機能
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・サイト運用数20万件以上

格安料金ですぐに記事が書ける!

・月額費用が480円からと格安
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・無料独自SSL証明書対応
・プランを自由自在に変更できる
・同サービス内でドメイン管理が可能
・「WordPress快速セットアップ機能」で簡単にSSL対応のWordPressサイトを作成できる
・安全性が高い遠隔地での自動バックアップも標準搭載(無料)
・データベース&ファイルの無料自動復旧可能(14日以内)

コストパフォーマンスNo.1!

・LiteSpeed対応のサーバーでは最安値(月額費用290円~)
・WordPressワンタッチインストール機能
・他サーバーからのサイトデータの引越代行が無料
・費用に対して利用できるサーバーのスペックが高い
・独自ドメインが無制限で利用できる
・ディスクの拡張だけでなくCPU、メモリを増強可能
・無料独自SSL証明書対応
・他のサイトが原因で自分のサイトが表示できなくなることがない
・24時間365日のサポートが受けられる
・無料お試しトライアルあり

低価格!初心者におすすめ!

・月額99円からという超低価格プランあり
・LiteSpeedを利用できるプランでも月額469円~
・無料独自SSL証明書対応
・自動バックアップ機能あり
・障害情報が少ない(安定性が高い)
・サポートの評価も高い

国内最速!サポート◎

・WEBサーバーの応答速度で国内最速を獲得している
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・自動バックアップ機能あり
・データベース&ファイルの無料自動復旧可能(14日以内)
・WordPressかんたんインストール機能あり
・簡単サーバー移行ツールが用意されており、サイトの引越しが容易
・プランを自由自在に変更できる
・サポートの対応が迅速丁寧

初心者向き!安心と信頼の老舗!

・国内最大級のレンタルサーバー
・月額100円からという超低価格プランあり
・サーバーの管理画面が使いやすい
・これまでに170万人が利用している安心感

タイトルとURLをコピーしました