スポンサーリンク

国民年金免除申請『退職(失業)による特例免除』が有効な期間と4つのメリット

国民年金
この記事は約5分で読めます。

厚生年金に加入していた方が仕事を退職(失業)した後は国民年金に加入し、国民年金保険料をお住まいの市町村に納めることとなります。

これまでの収入に関係なく【月々16,540円(令和2年度の場合)】を納めることとなりますが、退職してすぐは収入もなく結構な負担になりますよね。

保険料を納めることが経済的に困難な時に利用したいのが『国民年金の免除申請』ですが、「審査が厳しいのでは?」と申請されない方も結構多いようです。

実は、国民年金の免除申請には『退職(失業)による特例免除制度』というものがあって、この制度を使えばほとんどの方が免除を受けることができるのです。

私も開業して個人事業主になったばかりの時は収入が少なく『退職(失業)による特例免除制度』を使って、国民年金保険料の全額免除を受けていました。

私

「年金免除申請の手続方法」や「必要なもの」、「申請場所」、「申請期間」などは下記記事で詳しくご紹介させて頂いています。

この記事では、特例制度が有効な期間『退職(失業)による特例免除制度』を利用する4つのメリットなどをご紹介しています。

記事を読み終えると、すぐに免除申請に行くべきか否かの判断がはっきりつくようになりますよ!

スポンサーリンク

『退職(失業)による特例免除』が有効な期間

『退職(失業)による特例免除』が有効な期間は【離職した日から2年間です。

いつまで特例免除が利用できるかについては「日本年金機構」のホームページにも記載がありませんでしたので、直接質問しに行ってきました。

この時の回答は「雇用保険受給資格者証」または「離職票」に記載されている”離職年月日”から2年間特例免除は有効とのことでした。

】離職年月日に「*300625」[*平成30年6月25日]と書かれていた場合は、平成30年6月から平成32年(令和2年)6月までの期間、特例制度を使った免除申請ができるということになります。
特例免除の有効期限が過ぎた後は?
離職した日から2年経過以降は通常通りの審査に戻り【申請者本人の所得を含めた金額】で国民年金保険料を免除とするか、納付猶予とするかを決定します。
スポンサーリンク

『退職(失業)による特例免除制度』を利用する4つのメリット

ここでは『退職(失業)による特例免除制度』を利用する4つのメリットをご紹介しています。

1.特例免除制度を利用すると「本人所得」を除外して審査が行われる

特例免除を利用すると、通常は審査の対象となる【申請者本人の所得】を除外して審査が行われます。

世帯に自分しかいない場合は『所得ゼロ』として審査されるため「全額免除」の対象になるという訳です。

免除審査では【配偶者の所得】と【世帯主の所得】も見られますので、ご家族がいらっしゃる方は特例制度を使っても、国民年金保険料の免除が認められない場合があります。
2.退職の理由は関係がない

退職には「会社都合」と「自己都合」があって、制度によっては「会社都合」でしか利用できないものもありますが退職(失業)による特例免除制度』についてはどちらの場合でも利用することができます

3.保険料を一部納付したものとして扱われる

特例免除を利用して「全額免除」となった場合、満額納付と比較し1/2納付した事と同じ扱いが受けられます

つまり実際は1円も支払っていないのに【月々16,540円(令和2年度の場合)】の半分を支払ったことになります。

当然、免除期間中も年金を受給するために必要な条件である「*保険料納付済期間」としてカウントされます。

【*保険料納付済期間とは
老齢年金を受け取るために必要な期間のこと。平成29年8月1日からは、資格期間が10年以上あれば老齢年金を受け取ることができるようになりました。

4.年金を満額受け取りたい場合、追納も可能

国民年金には追納制度がありますので、免除を受けていた期間も10年以内であれば追加納付が可能です。

退職した時はひとまず特例制度を使って免除申請をしておき、再就職するなどして収入が安定した時に保険料を追納すれば、ずっと年金を支払っている人と同じ状態になるのです。

免除や納付猶予などが承認された期間の翌年度から起算して3年度目以降は、当時の国民年金保険料に加算金がつきます。

このため、可能であれば早めに追納するほうが良いです。

なお、追納した保険料は所得税控除の対象となります。

『退職(失業)による特例免除制度』を利用すると上記のようなメリットがあります。

唯一のデメリットは追納しなかった場合、将来受け取れる年金額が減少するということです。

退職(失業)特例免除の手続き方法と必要なもの

ここでは 退職(失業)特例免除の手続き方法と必要なものをご紹介しています。

手続方法
「住民票のある市区町村役場」または「年金事務所」へ『国民年金保険料免除申請書』を提出。
※郵送での手続きも可能です。
国民年金保険料免除申請書の入手先
『国民年金保険料免除申請書』は【日本年金機構のホームページ】からダウンロードするか、市区町村役場・年金事務所で入手できます。

手続きに必要なもの

  1. 年金手帳(基礎年金番号がわかるもの)
  2. 認印(本人が署名する場合は不要)
  3. 離職票」または「雇用保険受給資格者証」(失業を証明できるもの)
国民年金保険料免除申請書

『国民年金保険料免除申請書』

スポンサーリンク

まとめ

今回は退職された方が、国民年金の免除申請の際に利用できる『退職(失業)による特例免除』が有効な期間と4つのメリットをご紹介させて頂きました。

まとめてみると大きなデメリットもなく、すぐに就職する予定のない方は必ず利用したほうが良い制度ということがわかりました。

最後にこの記事の特に重要なポイントだけを記載しておきます。

『退職(失業)による特例免除』が有効な期間は【離職した日から2年間
  • 特例免除制度を利用する際、退職の理由は関係ない。
  • 利用すると「本人所得」を除外して免除の審査が行われ「全額免除」となった場合、満額納付と比較し、1/2納付したことと同じ扱いが受けられる。
  • 将来、年金を満額受け取りたい場合、10年以内であれば追加納付が可能。
国民年金 年金・国保・住民税免除申請
スポンサーリンク
たにぽよをフォローする
たにぽよ

当サイトの運営者。
30超えてからいつもしんどい。

・32歳男
・大阪府出身→沖縄県在住
・個人事業主(アフィリエイト&クラウドワーク)

『趣味』
・オンライン麻雀(天鳳)
・格闘技観戦(プロレス・大相撲・ボクシング)

このサイトの他
沖縄巡り.com(沖縄の芸能人・観光・グルメ情報まとめサイト)』
天鳳マニアクラブ(オンライン麻雀ファンサイト)』
などを運営中。

たにぽよをフォローする
たにあど

コメント

おすすめサーバーランキング

アフィリエイター&ブロガー満足度No.1!

・日本で唯一の”LiteSpeed公式パートナー”
・元アフィリエイターが立ち上げたレンタルサーバー
・最高レベルのサイト表示速度
・無料独自SSL証明書対応
・復元無料の自動バックアップ機能
・WordPressクイックスタート機能
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・サイト運用数20万件以上

格安料金ですぐに記事が書ける!

・月額費用が480円からと格安
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・無料独自SSL証明書対応
・プランを自由自在に変更できる
・同サービス内でドメイン管理が可能
・「WordPress快速セットアップ機能」で簡単にSSL対応のWordPressサイトを作成できる
・安全性が高い遠隔地での自動バックアップも標準搭載(無料)
・データベース&ファイルの無料自動復旧可能(14日以内)

コストパフォーマンスNo.1!

・LiteSpeed対応のサーバーでは最安値(月額費用290円~)
・WordPressワンタッチインストール機能
・他サーバーからのサイトデータの引越代行が無料
・費用に対して利用できるサーバーのスペックが高い
・独自ドメインが無制限で利用できる
・ディスクの拡張だけでなくCPU、メモリを増強可能
・無料独自SSL証明書対応
・他のサイトが原因で自分のサイトが表示できなくなることがない
・24時間365日のサポートが受けられる
・無料お試しトライアルあり

低価格!初心者におすすめ!

・月額99円からという超低価格プランあり
・LiteSpeedを利用できるプランでも月額469円~
・無料独自SSL証明書対応
・自動バックアップ機能あり
・障害情報が少ない(安定性が高い)
・サポートの評価も高い

国内最速!サポート◎

・WEBサーバーの応答速度で国内最速を獲得している
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・自動バックアップ機能あり
・データベース&ファイルの無料自動復旧可能(14日以内)
・WordPressかんたんインストール機能あり
・簡単サーバー移行ツールが用意されており、サイトの引越しが容易
・プランを自由自在に変更できる
・サポートの対応が迅速丁寧

初心者向き!安心と信頼の老舗!

・国内最大級のレンタルサーバー
・月額100円からという超低価格プランあり
・サーバーの管理画面が使いやすい
・これまでに170万人が利用している安心感

タイトルとURLをコピーしました