iPhone トップヒットが消えない!オフにしてもダメな時の対処法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、iPhoneでSafariの検索バーに文字を入力した時に自動的に表示される「トップヒット」が、機能をオフにしても表示される症状の対処法をご紹介しています。

「トップヒット」ってなんなの?

「a」だけを押したのに「amazonのURL」まで入力されている

トップヒット」はiPhoneに標準搭載されているブラウザ、「Safari」の機能の一つで、なにかを検索しようと検索バーに文字を入力した時に「検索履歴とブックマーク」から予測されたウェブサイトが、上記画像のように自動的に表示されるというものです。

上記画像では「a」だけを入力したところ「amazonのURL」まで瞬時に入力されています。

便利な機能ではあるのですが「それじゃないねん。。」というサイトが表示されることも多く、機能をオフにしている方も多いようです。

私の場合は、楽天で買い物がしたいだけなのに「楽天」と入力すると、一度開いただけの「楽天モバイルhttps://mobile…..」が自動的に読み込まれて邪魔になっていました。


他の機能と同じように設定からオフにすればいいんじゃないの?

iPhoneで望まない動作が起こった時に、まず確認するのが『設定』ですよね。

今回の「トップヒット」もSafariの機能なので、以下のようにまず『設定→Safariを選択』。

『設定→Safariを選択』

次に「トップヒットを事前に読み込む」をオフにすることで「トップヒット」の自動(事前)読み込み機能をオフにすることができます。

「トップヒットを事前に読み込む」をオフにする

そう、これで「トップヒット」の自動(事前)読み込み機能をオフにすることができたはずなのです。。

しかし、また確認のためにSafariで「a」と入力すると、、、

「amazon消えてへんやないかーい!!」「Wi-Fiも切れとるやないかーい!!」と「トップヒットを事前に読み込む」をオフにしただけでは、問題は解決しません

Safariを一旦落としても、iPhoneを再起動しても、amazonは消えません。


結局、なにをして「トップヒット」の自動読み込みが消えたのか?

今回は「iPhone トップヒットが消えない!オフにしてもダメな時の対処法!」というタイトルなので、もちろん問題は解決済みです!

「トップヒット」を完全に消す方法は、『iPhoneの閲覧/検索履歴』『ブックマーク(邪魔なページの場合だけ)』を消すことです。

「トップヒットを事前に読み込む」の機能は、なにか検索しようと検索バーに文字を入力した時に、「検索履歴とブックマーク」から予測されたウェブサイトが自動的に表示されるというものなので、「閲覧履歴やブックマーク」などが残っていると、機能をオフにしても自動読み込みが作動してしまうというオチでした。

今回の手順をまとめると以下のようになります。


「トップヒット」を完全に消す方法まとめ

  1. 最初に『iPhoneの閲覧/検索履歴』と『ブックマーク(邪魔なページの場合だけ)』を消す。
  2. その後「トップヒットを事前に読み込む」をオフにする。

これだけです。

私は『iPhoneの閲覧/検索履歴』に気づくまで、どうやっても「トップヒット」が消せずに泣きそうになりましたので、同じような方のために記事にしておくことにしました(笑)

今回以上です。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 
  

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*