楽天モバイルで初月のデータ容量を無料で2倍にする契約方法

楽天モバイル
この記事は約4分で読めます。

この記事では、楽天モバイル契約時(初月)のデータ容量を無料で2倍にする契約方法をご紹介しています。
例えば、組み合わせプラン3.1GBの場合、追加料金無しで初月は6.2GB使用できるようになる方法です![2020年5月15日最終更新]

楽天モバイルの対応端末確認はこちら:対応端末
楽天モバイルの販売端末一覧はこちら:販売端末一覧
セール情報はこちら:セール情報
スポンサーリンク

私が今回の方法に気づいたキッカケ

楽天モバイル 契約時の残データ容量

私が今回の方法に気づいたのは、2台目の楽天モバイルを契約した時のことです。

プラス割という「通話プランなら5000円割引+月額基本料3ヶ月割引」の割引キャンペーンを利用し、組み合わせプラン(3.1GB)で通話SIMを契約しました。

無事に端末(SIM)が到着し、初期設定を終えた後、楽天モバイルがインストールを推奨している「楽天SIMアプリ」で残データ容量を見てみると、上記画像のように残容量が6.03GB、前月繰り越しが2.93GBと表示されました。

回線契約開始日

端末(SIM)を受け取ったのが2月1日のため、*回線開始日も2月1日のはずですが「前月繰り越しがあるということは、実は1月中に契約したことになっている?」とこの時点では、原因不明でした。

楽天モバイルでは、端末(SIM)の受取日が回線開始日
スポンサーリンク

楽天モバイルに問い合わせ

もし1月中に契約したことになっていると、月額基本料3ヶ月割引に影響が出ますので、以前ご紹介した「楽天モバイルに無料電話で問い合わせする方法」で楽天モバイルに問い合わせをしました。

その時のやり取りは以下の通りです。

・私「先日、楽天モバイルを契約したものですが2月1日に契約し、既にデータ容量が繰り越されているので契約の確認をお願いします。」

・楽天「かしこまりました。本人確認の為、電話番号と、、、、(本人確認項目)」

・私「◎◎◎◎(本人確認項目)です。」

・楽天「ありがとうございます。契約の確認が取れました。お客様は1月中にお申し込みを頂いているようです。」「楽天モバイルでは、すぐお使い頂けるように商品をお送りする前に回線の開通手続きを行っております。今回は、回線の開通手続きが1月中に完了しているために前月繰り越し分が発生しているということになります。」

・私「そうなのですね。前月繰り越し分のデータは使用しても料金など発生しませんか?」

・楽天「はい。前月繰り越しのデータはご利用頂いても、追加料金などは発生致しませんのでご安心下さい。」

やり取りをまとめると

『私が1月末に楽天モバイルを申込→1月末に楽天側で回線の開通手続き(1月分の3.1GBの枠が発生)→2月1日に私の手元に端末が到着(2月分の3.1GBの枠が発生)』

とこのようになります。

楽天側で回線の開通手続きをした後、ユーザー側に端末が到着するまでに月をまたぐと、前月のデータを繰り越した状態で手元に届くというわけですね!

スポンサーリンク

楽天モバイルで初月のデータ容量を無料で2倍にする契約方法

楽天モバイル初月のデータ容量を無料で2倍にする契約方法をまとめます。

やることは2つだけですので、まとめるまでもないかとは思いますが、念の為。

1.月末に楽天モバイルを申し込む
今回私は1月28日に申し込み、2月1日に受け取り予約をしました。
2.翌月に端末(SIM)を受け取る
楽天モバイルでは、端末(SIM)の受取日が回線開始日となるため、必ず月が変わってから端末(SIM)を受け取ります。
この時「○月1日」に受け取るのが、月額料金的にも一番お得です。

たったこれだけで、初月のデータ容量を無料で2倍にすることができます。

この方法の注意点

この方法は、必ず楽天モバイル側で回線の開通手続きをしてもらう必要がありますので、「MNP」や「データSIM」契約では、使用することができません。

楽天モバイル契約時(初月)のデータ容量を無料で2倍にする契約方法 まとめ

今回は「楽天モバイルで初月のデータ容量を無料で2倍にする契約方法」ということで、私がたまたま得をしたことを記事にしてみました。

通話SIMにしか使えない方法ですが、契約初月はなにかとデータ容量を使うことが多いと思います。

この方法が、少しでも皆様にお役に立てば幸いです。

・楽天モバイルの対応端末確認はこちら:対応端末
・楽天モバイルの販売端末一覧はこちら:販売端末一覧
・セール情報はこちら:セール情報



コメント

タイトルとURLをコピーしました