e-Taxの送信可能時期 データを送信できるのは何月何日から?

e-Tax
この記事は約3分で読めます。

この記事では、e-Taxで確定申告のデータを送信できるようになるのは何月何日かなどを書いています。
私が2019年(平成31年)の確定申告を行う時にヒットした大手サイトの情報が間違っていましたので、まだ勘違いしている方が多いと思い、税務署に確認した正しい情報をお届けします。[2020年5月15日最終更新]

スポンサーリンク

e-Taxで確定申告データを送信できるようになるのは1月4日から

早速ですが、e-Taxで確定申告のデータを送信できるようになるのは1月4日からです。

2019年の確定申告期間は「2月18日-3月15日」ですが、e-Taxの利用可能期間は『1月4日-3月15日』までとなります。

『e-Taxの利用可能期間=確定申告のデータ送信可能期間』です。

よく勘違いされているのが、e-Taxは1月4日から24時間稼働となるが、送信できるようになるのは確定申告開始日2月18日であるということです。

私もこの記事を書く1時間前までは、2月18日になってからでないと送信できないと思っていました。

スポンサーリンク

e-Taxで試してみたら送信できた

送信できてしまった。。

今年は予定より早く確定申告が終わったので、e-Taxで送信までを試してみたところ、送信できてしまったのが今回のことに気づいたキッカケです。

確定申告データを作成し、期間前に送信ボタンを押したらどうなるのかな?と試してみたら「送信が完了しました。」と表示されて焦りました(笑)

その後、税務署に問い合わせたところ「1月4日から送信できますよ」と回答を頂きました。

せっかくですので、状況別にいつから申告可能になるかをまとめておきます。

スポンサーリンク

状況別の申告可能期間(2019年の場合)

ここでは、状況別の申告可能期間をまとめています。2019年の場合です。

通常の窓口】:2月18日から3月15日まで
税務署の窓口での申告可能期間は2月18日から3月15日までです。
e-Tax】:1月4日から3月15日まで
今回の記事のケースです。e-Taxの場合は1月4日から3月15日までです。
期間中は*メンテナンスを除き、24時間送信可能です。
*メンテナンス(e-Tax利用不可)時間は、毎週月曜日0時-8時30分
還付申告(確定申告義務がない人)】:1月1日から5年間
サラリーマンの方など確定申告の必要がなく、年末調整のみの方の還付申告は1月1日から5年間でいつでも申告可能です。
還付申告(確定申告義務がある人)】:1月1日から3月15日まで
確定申告義務のあるフリーランス(個人事業主)の方などは1月1日から3月15日までです。
平成22年までは、通常窓口と同じ申告可能期間であったため、今でも勘違いされている方が多いです。

状況別の申告可能期間は上記のようになります。

e-Taxの送信可能時期まとめ

  • e-Taxでの確定申告データの送信可能時期は1月4日から。
  • 還付申告の場合は1月1日から申告可能だが、税務署もe-Taxも営業していないので、1月4日が最速となる。

会計ソフトはどれがいい?

最後に私が確定申告の際に使っている会計ソフトをご紹介します!

私が使っているのは、マネーフォワードクラウド確定申告という会計ソフトになります。

確定申告初心者の時から使用している会計ソフトで、全く知識のない状態からでも確定申告を無事終えることができたのは、マネーフォワードクラウド確定申告のおかげです。

無料で使用感を確かめることもできますので、是非一度チェックしてみて下さいね!

e-Tax 確定申告
スポンサーリンク
たにぽよをフォローする
たにぽよ

当サイトの運営者。
30超えてからいつもしんどい。

・32歳男
・大阪府出身→沖縄県在住
・個人事業主(アフィリエイト&クラウドワーク)

『趣味』
・オンライン麻雀(天鳳)
・格闘技観戦(プロレス・大相撲・ボクシング)

このサイトの他
沖縄巡り.com(沖縄の芸能人・観光・グルメ情報まとめサイト)』
天鳳マニアクラブ(オンライン麻雀ファンサイト)』
などを運営中。

たにぽよをフォローする
たにあど

コメント

おすすめサーバーランキング

アフィリエイター&ブロガー満足度No.1!

・日本で唯一の”LiteSpeed公式パートナー”
・元アフィリエイターが立ち上げたレンタルサーバー
・最高レベルのサイト表示速度
・無料独自SSL証明書対応
・復元無料の自動バックアップ機能
・WordPressクイックスタート機能
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・サイト運用数20万件以上

格安料金ですぐに記事が書ける!

・月額費用が480円からと格安
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・無料独自SSL証明書対応
・プランを自由自在に変更できる
・同サービス内でドメイン管理が可能
・「WordPress快速セットアップ機能」で簡単にSSL対応のWordPressサイトを作成できる
・安全性が高い遠隔地での自動バックアップも標準搭載(無料)
・データベース&ファイルの無料自動復旧可能(14日以内)

コストパフォーマンスNo.1!

・LiteSpeed対応のサーバーでは最安値(月額費用290円~)
・WordPressワンタッチインストール機能
・他サーバーからのサイトデータの引越代行が無料
・費用に対して利用できるサーバーのスペックが高い
・独自ドメインが無制限で利用できる
・ディスクの拡張だけでなくCPU、メモリを増強可能
・無料独自SSL証明書対応
・他のサイトが原因で自分のサイトが表示できなくなることがない
・24時間365日のサポートが受けられる
・無料お試しトライアルあり

低価格!初心者におすすめ!

・月額99円からという超低価格プランあり
・LiteSpeedを利用できるプランでも月額469円~
・無料独自SSL証明書対応
・自動バックアップ機能あり
・障害情報が少ない(安定性が高い)
・サポートの評価も高い

国内最速!サポート◎

・WEBサーバーの応答速度で国内最速を獲得している
・大容量のディスク容量&転送量(高PVサイトも安心)
・自動バックアップ機能あり
・データベース&ファイルの無料自動復旧可能(14日以内)
・WordPressかんたんインストール機能あり
・簡単サーバー移行ツールが用意されており、サイトの引越しが容易
・プランを自由自在に変更できる
・サポートの対応が迅速丁寧

初心者向き!安心と信頼の老舗!

・国内最大級のレンタルサーバー
・月額100円からという超低価格プランあり
・サーバーの管理画面が使いやすい
・これまでに170万人が利用している安心感

タイトルとURLをコピーしました