国内最速サーバーConoHa WINGの登録方法を画像付きで解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、国内最速のレンタルサーバーConoHa WINGの登録方法を画像付きで初心者にもわかりやすく解説しています。
私も最近ロリポップから管理している全サイト移設したのですが、あまりの快適さに驚いています!みなさんも「表示が早くて快適なサイト」&「さくさくなサイト制作環境」を手に入れて下さいね!



ConoHa WING(コノハウイング)

関連記事

ConoHa WINGとは?

ConoHa WINGは、東証一部上場企業の大手『GMOインターネット株式会社』が提供する高性能レンタルサーバーです。

サービスの提供開始は2018年9月26日とまだ誕生したばかりのレンタルサーバーですが、”国内最速”のレンタルサーバーというのをウリに注目を集めています。

私もロリポップレンタルサーバーから移設(引っ越し)する前は「そんなに変わるの?」と半信半疑でしたが、実際に移設してみると『WordPressの管理画面のサクサク感』『サイトの表示速度』ともに大きな改善が見られました!

ここからは、そんなストレスフリーな高速サーバーConoHa WING(コノハウイング)の登録方法を画像を交えて、わかりやすくご紹介していきます。

ちなみにConoHa WING(コノハウイング)は、かなり珍しい『一時間単位の料金体系』で『初期費用も無料』となっている為、現在のレンタルサーバーを契約したままのちょっとお試しも可能ですよ!



ConoHa WINGの登録方法



ConoHa WING(コノハウイング)

では、早速ConoHa WING(コノハウイング)の登録を進めていきましょう!

まずは「コチラ」か上記バナーより、ConoHa WING公式ページを表示します。

ConoHa WINGトップページ

ConoHa WING公式トップページの「今すぐお申し込み」ボタンをクリックして下さい。

初回登録情報の入力を行う

続いて、初回登録情報の入力を行います。

ConoHa WING初回登録情報入力画面

上記の様な画面になりますので、必要な情報を全て入力していきます。

  • 法人名
    法人名を入力します。
    ※個人利用であれば入力不要です。
  • 氏名
    自分の性、名を入力します。
  • 生年月日
    生年月日を入力します。

  • 自分の住んでいる国を選択します。
  • 郵便番号
    自分の住所の郵便番号を入力します。
  • 都道府県
    自分の住所の都道府県を入力します。
  • 市区
    自分の住所の市区を入力します。
  • 町村番号
    自分の住所の町村と番地まで入力します。
  • 建物名など
    マンションなどに住んでいる場合は、マンション名を入力します。
    *一軒家であれば入力不要
  • メールアドレス
    メールアドレスを入力します。
    *登録完了後にメールが届きます。
  • パスワード
    「半角英数字」「記号」を組みあわせた9文字以上の文字列を入力します。
    *このパスワードはConoha WINGのコントロールパネルへのログイン時に必要となります。

全項目を入力したら「次へ」ボタンをクリックして下さい。



電話番号認証を行う

初回登録情報の入力の後は、電話番号認証を行います。

電話番号認証画面

初回登録情報の入力の後「次へ」のボタンをクリックすると、上記画像のような電話番号認証画面が表示されます。

国コードが「日本」になっていることを確認し、使用できる電話番号を入力します。

電話番号の入力後「SMS認証(SMSで確認コードが届く)」または「電話認証(電話がかかってきて自動音声で確認コードを案内)」のどちらかをクリックします。

  • SMS認証」を選択した場合:SMSで確認コードが届きますので、その番号を次に表示される確認コード入力画面に入力し「送信」ボタンをクリックします。
  • 電話認証」を選択した場合:電話がかかってきて自動音声で確認コードを案内されますので、その番号を次に表示される確認コード入力画面に入力し「送信」ボタンをクリックします。

SMS認証完了通知

「送信」ボタンをクリックした後、上記の様な「SMS認証完了通知」が画面左下に表示されれば電話番号認証は完了です。

サーバー代金の支払い方法を選択する

電話番号認証完了後は、サーバー代金の支払い方法を選択します。

サーバー代金の支払い方法選択画面

支払い方法は「クレジットカード」「ConoHaチャージ」「ConoHaカード」の3つから選択できます。

私はクレジットカード払いを選択しました。
「ConoHaチャージ」「ConoHaカード」の2つは、代金支払い忘れによるサーバー停止の危険があるので、クレジットカードをお持ちの方はクレジットカード一択ではないでしょうか。
Conoha WING側もクレジットカード払いを推奨しています。

またクレジット払いの場合は、登録完了後すぐにサーバーを利用開始できるのもメリットです。



支払いプラン/初期ドメイン/サーバー名を選択、決定する

支払いプラン/初期ドメイン/サーバー名 選択/入力画面

サーバー代金の支払い方法を決めた後は、支払いプラン/初期ドメイン/サーバー名を選択、入力していきます。

私のサイトはまだ規模も小さいので、ベーシックプラン(月1,200円)を選択しました。

プランについては、決定前にネットで情報収集しましたが、相当大きなサイトを運営している方以外はベーシックプランで問題なさそうでした。

『初期ドメイン』『サーバー名』については、自分がわかりやすい好きな名前をつけて大丈夫です!

全てを選択、入力した後は同じ画面の右側に表示されている金額を確認します。

自分が選択したプランの金額で間違いなければ「追加」ボタンをクリックします。

ConoHa WINGのコントロールパネル

この後、ConoHa WINGのコントロールパネルが表示されれば、ConoHa WING(コノハウイング)への登録は完了となります!

登録時に入力したメールアドレス宛にConoHa WINGから「登録完了メール」が届いているはずですので、確認して下さいね。

お疲れ様でした!

ConoHa WING登録方法まとめ

今回は「国内最速サーバーConoHa WINGの登録方法を画像付きで解説」ということで、ConoHa WINGへの登録方法をまとめてみました。

画像つきで、細かく説明したため少し長くなってしまいましたが、実際に作業してみるとスムーズに行けば「5分程度」で登録完了できるのではないかと思います。

ベーシックプランであれば、月1,200円となかなかの低料金で、国内最速のレンタルサーバーに乗り換えることができます。

また、この記事の最初の方でも少し書きましたが、ConoHa WINGは1時間単位での課金ですので、2-3日試すだけならば数百円の支払いだけでお試しもできます。

また別の機会に「どの部分」が「どれほど快適」になったかを詳しくまとめたいと思いますが、本当に快適なサーバーですので是非一度試してみてくださいね!

関連記事



ConoHa WING(コノハウイング)




この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*