いまのりセブンを口コミ評価 契約満了まで利用して車を貰った体験記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、オリックスカーリース『いまのりセブン』を契約満了まで利用して車を貰うまでに感じたことなどをまとめています。
実際に利用してみて良かった点や悪かった点をリアルな口コミとして、わかりやすくお伝えします!

私が『いまのりセブン』を利用してリースした車種や契約期間など

下記は、私が『いまのりセブン』を利用してリースした車種や契約期間、支払金額などを簡単にまとめたものです。

【契約期間】:2013年2月から2020年2月までの7年間
【リースした車】:ホンダ バモスホビオG(新車/軽自動車/ミニバン)
【月々の支払い金額】:23,730円(支払回数84回)
【支払い方法】:クレジットカード
【支払総額】:1,993,320円
【支払総額に含まれているもの】
[車両代など]:車両代(130万円程度)・車検代(総合検査料・代行料・印紙代)
[消耗品関連]:オイル交換(半年毎に1回分)・オイルエレメント交換(1年毎に1回分)・タイヤローテーション・バッテリー液・ウォッシャー液・ロングライフクーラント・ブレーキオイル交換・冷却水交換
[税金関連]:登録諸費用・軽自動車税・自賠責保険・重量税・名義変更にかかる費用など


(カーリース新車) オリックス 9年リース ハスラー

いまのりセブンを利用して良かった点(メリット)

ここでは、いまのりセブンを利用して良かった点をまとめています。

毎月決まった金額を支払うだけなので、楽でわかりやすい

私が『いまのりセブン』を利用して一番良かった点は、なんといっても車にかかるお金がわかりやすくて”楽”なところです。

通常車を購入するとなると「頭金」であったり「各税金」の支払月はまとまったお金が出ていくことがありますが、いまのりセブンは契約時に支払総額を計算しそれをリース期間で均等に割るので、毎月の支払いが均一です。

私の場合は毎月23,730円を支払っていましたが、この金額以外にかかるのは「ガソリン代」「駐車場代」「任意保険」「タイヤ、バッテリー、ワイパーなど消耗品の交換費用(*下記に実際にかかった全ての金額を記載)」のみでした。

『いまのりセブン』月々定額の支払い以外の費用一覧

こちらは『いまのりセブン』を契約中、月々定額の支払い以外に発生した費用の一覧です。

ちなみに私は通勤や日頃の買物に車を使用しており、7年間の総走行距離は56,000km程度。事故などは一度もありませんでした。

  • ガソリン代
  • 駐車場代
  • 任意保険:1年で約30,000円(7年で約20万円程)
  • タイヤ:16,000円(2017年に4本全て交換)
  • ワイパーゴム:4,000円(前後合わせて計5本交換 *2018年と2020年の車検時に交換)
  • バッテリー:9,000円(2018年と2020年の車検時に交換)
  • オドメーター球:2,800円(スピードメーターのランプ切れ*2018年の車検時に交換 )
  • ブレーキパッド:12,000円(2018年の車検時に交換)
  • ブレーキクリーナー:700円

消耗品の交換については、7年間で合計44,500円かかりました。これに加えて、ガソリン代と駐車場、任意保険の料金がかかるということになります。

合計すると、オリックス自動車に1,993,320円、自動車工場などに44,500円を支払いましたので、ガソリン代と駐車場、任意保険を除いた車にかかる費用は7年間で2,037,820円となりました。1か月平均ですと24,259円です。

この他、私よりも走行距離が多い場合「タイミングベルト[交換目安10万km~/費用30,000円~]」や「ファンベルト[交換目安5~10万km/費用8,000円~]」「ブレーキローター[交換目安10万km~/費用30,000円~]」「ATフルード(ATF)[交換目安8万km~/費用10,000円~]」といった部品も交換する必要が出てくるでしょう。

またリース契約中の最後の車検(7年目)では、自賠責保険・重量税・軽自動車税・リサイクル料を支払う必要がある点にも注意が必要です。


(カーリース新車) オリックス 9年リース N BOX

いまのりセブンを利用して悪かった点(デメリット)

ここでは、いまのりセブンを利用して悪かった点をまとめています。

クーポンが使える指定工場が少ない、家からの距離が遠い可能性がある

いまのりセブンでは、基本的に最初に送られてくるクーポンに印字されている指定工場で無料クーポンを使って、オイル交換や車検を行う必要があります。

私の場合、家の近所にたくさんの自動車工場があるにも関わらず、指定工場は車で30分程の距離にしかありませんでした

無料クーポンを使ってのオイル交換は半年に1回行うのですが、どこの工場でもできることをわざわざ遠くの工場で行うのはとても面倒でした。

無料クーポンと言っても最初にお金を支払っているだけですから、もう少し融通がきいてもいいように感じました。

契約満了後の名義変更手続きが面倒

いまのりセブンの契約満了時は『車を返却し、年間リース料の20%のキャッシュバックを受け取る』か『名義変更して車を貰う』かを選べます。

私は総走行距離も56,000km程度と短かったので、名義変更して車を貰うことを選択したのですが、この手続きは全て郵送で行う必要があり大変面倒でした。

名義変更手続き完了までの流れは、下記のようなものでした。

  1. オリックスから契約満了の案内が届く(車をどうするか決める)
  2. 契約満了の案内と同時に届く書類に希望する手続きのところに丸をつけて返送する。
  3. 「売買契約書兼請求書」や「最後の車検無料クーポン」「自動車税納税証明書」がオリックスから届く。
  4. 軽自動車税とリサイクル料金をオリックスの指定口座に振り込んだ後、「売買契約書兼請求書」に必要事項を記入し返送する。
  5. 最後の車検を受ける。
  6. 代行業者から、名義変更の書類が届く。
  7. 新しい「車検証の原本」と「名義変更の申請依頼書」を代行業者に返送する。
  8. 代行業者から自分の名義に変更された車検証が届く。

いまのりセブンまとめ

今回は、私が契約満了まで利用したオリックスのカーリース『いまのりセブン』について感じたことをまとめてみました。

実際に利用してみて、月々の支払いが均一になるのはとてもわかりやすく、初めて車を購入する方にもオススメできそうだと感じました。

車という高額な買い物を、毎月クレジットカードで支払うことができるというのもポイントが貯まって良いですね♪

指定工場が少ないことや手続きが面倒な点もありましたが、今の車を手放した後はもう一度利用したいと思えるサービスでした。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*